徳島県 徳島市 内科 外科 整形外科 リハビリテーション科 甲状腺疾患 バセドウ病 橋本病 甲状腺がん

088-612-8668

〒770-8003
徳島県徳島市津田本町4-2-87

日曜日も診療しております

整形外科 リハビリテーション

湿潤療法

予防接種

整形外科

整形外科では、骨格・関節・筋肉・神経など、運動に関する機能の病気・ケガに対する治療や予防を行います。

また、運動機能の回復だけでなく、痛みの治療も行います。

こんな症状の方は一度ご相談ください。

  • 背中、腰の痛み
  • 膝の痛み
  • 肘の痛み
  • 関節が動かない
  • 手足のしびれ
  • スポーツによるケガ など

整形外科の代表的な診療疾患

  • 骨粗鬆症、腰部脊柱管狭窄症、足関節捻挫、ガングリオン
  • リウマチ
  • 肩こり
  • 椎間板ヘルニア、ぎっくり腰
  • 脳卒中後遺症での関節硬縮、筋力低下 など

神経ブロック注射

肩こりに対する注射治療

神経ブロックとは、痛みに関する部分の神経に局所麻酔を注射して、痛みを緩和する治療法です。神経に麻酔をかけるので、痛みの経路を遮断することになります。肋間神経痛・寝違え・肩こり・五十肩・腰痛症・坐骨神経痛などの治療に使用します。

トリガーポイントブロックは、筋肉、筋膜上の硬くて痛みのある部分(トリガーポイント)に局所麻酔薬を注入します。トリガーポイントは、鍼灸でのツボに一致することが多く、その部にブロックを行うことで、慢性的な筋肉の酷使や急性の筋肉の炎症による筋肉や神経の過剰な緊張を取ることができます。

仙骨部硬膜外ブロックは、急性腰痛や椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などで、腰痛が強く坐骨神経痛を伴うものに対して行います。尾骨上方の仙骨裂肛から脊柱管に、局所麻酔剤を注入します。痛みの患部へ薬剤が届きますので、非常に効果があります。ブロック後、1~2時間ぐらい臥位での経過観察が必要です。

肩こりに対する注射治療

  • ポイントAに打てばほとんどの肩こりに期待できます。
  • 肩全体に行き渡る神経の大本がここにあるためです。
  • 症状によってポイントBまたはCに注射することもあります。
腰痛に対する注射治療

腰痛に対する注射治療

  • 腰部の圧痛のある患者様にはポイントA。
  • ヘルニア、脊柱管狭窄などの坐骨神経痛の症状のある患者様にはポイントB。

注射の間隔

  • 初回注射から2~3日後にまだ強い痛みが持続しているようであれば、再度注射します。
  • 通常1週間後には痛みがかなりの程度改善しています。
  • その後は1週間に1回の間隔で注射します。

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸は関節の中でクッションのような役割をしています。しかし、加齢とともにヒアルロン酸が減少し、軟骨が磨り減ってしまい、痛みや膝の変形などが起こります。

 

関節にヒアルロン酸を注射することで、失ったヒアルロン酸を補い、関節の痛みを緩和します。
変形性膝関節症、肩関節周囲炎(五十肩)の治療に使用します。

 

仙骨部硬膜外ブロック

仙骨部硬膜外ブロックの新入方向

仙骨部硬膜外ブロックの体位

痛みが強い部位を下にして、横向きで寝てもらいます。
尾骨から腰の方に向かってやや上部に、仙骨裂肛というやわらかい靭帯部分があるので、そこから注射液を坐骨神経に向けて注入します。椎間板ヘルニアや坐骨神経痛のような激しい急性腰痛や、脊柱管狭窄症のような難治性の慢性腰痛に対して行います。

 

痛みを感じている神経付近に直接薬が作用するので、高い効果が期待できます。患者様の体格や痛みの強さによって、注射薬の種類や量が異なりますので、治療後は1~2時間の経過観察が必要です。

リハビリテーション科

院内設備のご紹介

リハビリテーション科とは、病気やケガによって運動機能に障害を持った方々へ、治療や訓練をすることで運動機能の向上をはかる診療です。

当院では、最新のリハビリ機器やトレーニング機器を導入した理学療法で機能障害や痛みを治療します。痛みを取り生活を楽にすることと、筋力訓練を行い再発しにくくすることを目標にします。

リハビリ室のご紹介

 
 
 
 
 
 
Page Top